私は賃貸住宅に死ぬまで住み続けるつもりです


今回は「私は賃貸住宅に死ぬまで住み続けるつもりです」というタイトルで、いつまで(何歳まで)賃貸住宅に住もうと考えているかについて教えてもらいました。

私は死ぬまで賃貸に住み続ける…

私は33歳、無職の男です。

そんな私は、今賃貸住宅に住んでいますが、もし誰かに、「キミはいつまで賃貸住宅に住んでいるのか、家を買うつもりはないのか」と聞かれれば、私はこう答えることでしょう。

「むろん、死ぬまで住み続けるつもりです」

なぜこう答えるのか、理由は単純です。

私は現在無職ですし、仮に将来仕事につけたとしても、家を買うほどの収入を手に入れることは困難だからです。

なので、私は家を買うことは一生ないでしょう。

もしお金があったとして私は家を買う事はない!

では経済的理由だけで家を買わないのか、と言えばそれは違います。

仮に私が今5000万円持っていたとしても、やっぱり家を買う事はないでしょう。

それはなぜかと言えば、家を買う事は経済的に見て効率が良くないからです。

災害にあえば自腹で家を建て直さなければなりませんし、固定資産税、修繕費などもかかります。(賃貸住宅の場合、修繕費は家賃に入っていますし、あまりに家がぼろくなれば引っ越すこともできます)

仕事などの理由で遠くへ行くことになっても、家はそのまま置いていかなければなりませんし、一度買った家を売るのも大変です。

しかも、大抵の場合家を売っても、買ったお金の半額も返ってきません。

5000万円で家を買ったとしたら、2000万円で売れれば御の字でしょう。

これらのことを考えると、災害に強く(引っ越すだけで済みます)、固定資産税などもとられず、急な転勤などにも簡単に対応できる賃貸のほうが、持ち家より経済的です。

今の日本で住宅ローンを組むことは非常に恐ろしいこと

また、持ち家を買う場合は住宅ローンの問題が出てきます。

今の日本に、一括払いで家を買える人はほとんどいません。

なので、ある程度の頭金を払ったあと、後はローンを組んで家を買うのが一般的ですが、何十年も住宅ローンを組むというのは、非常に恐ろしいことです。

特に今の日本は不安定な国なので、20年後は公務員ですらどうなっているかわかりません。(もし日本が財政破綻すれば、公務員ですら安泰ではありません)

そんな国で、何十年もの住宅ローンを組むことなどとても出来ません。

住宅ローンを組めないという事は、家を買うことが出来ないという事です。

なので、私はこの先どういう人生を歩もうが、家を買う事はないでしょう。

ということは、私は死ぬまで賃貸住宅に住み続けるしかありません。

だから私はこの話の冒頭で、「(賃貸住宅に)死ぬまで住み続けるつもりです」と答えたのです。

もし、何かの奇跡が起きて、日本の将来や私の未来が輝かしいものになったりしない限り、私のこの考えは変わらないことでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です