敬遠されがちなアパートについて


英語の「apartment(アパートメント)」を元にした和製英語です。

マンションと同じで明確な定義はありません。

不動産業界では一般的に 2~3階建ての低層で木造、軽量鉄骨造の構造の建物を指す事が多いです。

アパ-トは低層で木造、軽量鉄骨造などの建物

「部屋を借りる時の構造種別:マンションとは」でも述べましたが明確な定義がないため大家さんが木造の建物でもマンションと呼んでと言われればマンションなのです。

でも実際に木造の建物をマンションと呼ぶ機会は、ほぼありません。

しかしたまにあるのが軽量鉄骨造の建物をマンションとする不動産会社があります。

それはマンションとした方がイメージは良いといった理由なだけです。

特に決まりがないのでこんな事が起こっていますが、借り手にとっては知識が無ければわかりませんよね。

こういった事は業界全体がまとまって用語に対する意味の統一をしてほしいものですよね。

アパートの構造では木造、軽量鉄骨、軽量気泡コンクリートなどがあります。

しかし住んでもそれぞれの違いなど、ほとんどわかりません。笑

そのため細かい説明は省略します。

アパートの最大の魅力

アパートの魅力は何と言っても

「家賃の安さと梁が無く使いやすい部屋の設計」

アパートはマンションに比べ建築コストが安いので家賃が安いです。

またアパートとマンションでは同じ 6帖なのに広さが違うように感じる事がよくあります。

それは

視覚的要因。マンションは梁がでている事が多いので狭く感じやすい。

壁芯(壁の厚さの中心)からの面積表示なので壁が厚い分、マンションの方が部屋が狭くなる。

そのためアパートは音さえ気にならない方であれば最高の住まいとなります。

でも、やっぱり音はという方にもピッタリなアパートの間取りを紹介したいと思います。

こちらをご覧ください。

オススメの間取り

1フロア 2住戸しかないタイプの間取りであれば、隣合う部屋はありません。

もし最上階の部屋であれば下の階の方にだけ迷惑をかけないようにすれば大丈夫です。

構造も大事ですが見方を少し変えるだけで物件の選択肢は広がってきます。

マンションという事だけで検索するのではなく、あなたの部屋探しに合った間取りを選んでみましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です