子どもの成長に合わせて引っ越すが賃貸に住む。その理由は…


今回は「子どもの成長に合わせて引っ越すが賃貸に住む。その理由は…」というタイトルで、いつまで(何歳まで)賃貸住宅に住もうと考えているかについて教えてもらいました。

現在の我が家の住まいについて

私は28歳男性の会社員で妻と子供がいます。

現在賃貸アパートに家族で住んでいます。

アパートは2LDKのごく普通のアパートで、私以外の住人も夫婦か家族で住んでいる世帯がほとんどのファミリータイプのアパートです。

駐車場は家の前にあり私は車を1台所有しています。

結婚をした際に引っ越してきたこのアパート。

それまで妻も私も1LDKのアパートに住んでいました。

二人で不動産屋で物件をいくつか見た後に今のアパートに住むことになりました。

結婚当時、将来子どもが生まれたときを考えるともう少し部屋数があってもいいのかなとも思いましたが、通勤の面で立地がよかったことや家賃が手ごろだったことなどが重なって現在のアパートに住むことになりました。

子どもが生まれて落ち着いたら引っ越しをしようと当時妻と話していました。

そして今年、我が家に愛おしい子どもが誕生しました。

子どもが大きなったら別の賃貸へ引っ越しを考えている

私は現在のアパートに30歳から33歳くらいまで住もうと考えています。

理由は子どもの成長に合わせた理由です。

私がそれくらいの年齢になると子どもは保育園児。

保育園は親が送り迎えするので、ある程度選択肢があります。

しかし小学生になると自分が住んでいる地区で小学校は大体が決まってきます。

転校も悪くはないですが、子どもの友人関係を考えるとしなくてすむなら転校はしないほうがよいというのが我が家の考え。

子どもが小学校に上がる前に現在のアパートから別の賃貸住宅に引っ越したいと考えています。

家の購入も考えたが実家が近くにあるため家の購入は悩む…

我が家は先ほど書いた通り2LDKのアパートに住んでいます。

リビングに洗面所、トイレに部屋がもう二つ。

二つの部屋のうち一つは寝室、もうひとつの部屋は夫婦兼用の書斎になっています。

子どもが大きくなると子ども部屋が必要になってくるの部屋がもう一つ必要になってきます。

当初は書斎にあてている部屋を子ども部屋にしてもいいかなと思ったのですが、私も妻も家に仕事を持ち帰ることが多いのでできれば集中してパソコンを開ける環境は欲しいというのは夫婦で一致した意見でした。

そのため子どもの成長の時期を見て3LDK以上の家に引っ越す予定です。

賃貸ではなく家の購入という選択肢もありますが、我が家の場合は車で20分ほどの距離に実家があるため先々のことを考えると簡単に購入に踏み込めない部分もありました。

子どもの成長が著しく、それに合わせる形で家族の生活サイクルも大きく変わる小学生以降の時期に合わせて我が家では比較的長期的に住む賃貸物件を探す予定です。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です