賃貸の更新料は無いほうがありがたいが納得して支払っている


今回は「賃貸の更新料は無いほうがありがたいが納得して支払っている」というタイトルで、賃貸の更新料は仕方がない?納得できない?どちらの考えですか?という質問に答えてもらいました。

人それぞれ大変な時期がある

現在30代半ばで兼業主婦をしています。

賃貸に住んでいると家賃という毎月決まった支出が必ず発生しますよね。

結構大きい金額ですが物件を選ぶ時に自分の生活スタイルや収入や環境だったり色々と考えて悩んで結果、納得して決めてる人が多いと思っています。

それでも住んでいれば予想外の出費だったり仕事の環境の変化だったり、人それぞれ大変な時期にぶつかってしまう時もあります。

それが丁度タイミング悪く住んでいる物件の更新料を支払わないといけない月だったりしたら家賃以上の金額を支払うのが更新料なので、相当せっぱつまってしまうのも気持ちすごくわかります。

大きい金額ですもんね。

住まいという安心を提供してもらっている

私も昔その当時住んでいた賃貸の部屋で、それまでは問題なく支払えていた家賃・更新料が大変になってしまった時があったからです。

その時は体調を崩してそれまでの様に働けず収入が減ったことが原因でした。

なんとかその時は家族総出で協力して大変な時期は抜けきりましたが、そんな経験をしても家賃の更新料に納得がいかないと感じたことはありません。

部屋を借りている私からしたら雨をしのげる屋根があってご飯を作れるキッチンがあって安心して寝れる場所があって仕事には必要不可欠な住所が確保できますよね。

住所が確保できるというのは生きていくうえで、とても大切な事だと思っています。

なのでそういったものを全て含めて部屋を借りるというのは生活して生きていく上で「安心を提供してもらっている」という事になると思っています。

多分、私の場合はこういう感覚でいるので賃貸の更新料に納得がいかないという気持ちにはならないんだと思います。

更新料に納得がいかないと思ったことは無い

勿論、賃貸の更新料は決して安い金額ではないと感じていますが、それこそ部屋を貸す管理会社や大家さん側からしたら私達が安心を提供してもらっている様に部屋を貸す側も安心を得たいというのはあたりまえだとも感じます。

大家さんにとっては家賃が大切な収入源なのですし更新料が発生する事で借りる側の「まだここに住みます」という意思と大家さん側の「引き続きどうぞ」の契約に互いに信頼を持たせるために契約金は大切な役割を持っているとも思うからです。

確かに無いほうがありがたい事はありがたいですが更新料に納得がいかないと思ったことは今までありませんでした。

1年少し経てば我が家も更新料を支払う時になるので、その時の為に計画的に貯金をしておこうと日々考えながら生活しています。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です