賃貸で仲介手数料を家賃の0.5ヵ月分または無料にする方法


みなさんは部屋を借りる時に仲介手数料が高いと感じたことはありませんか?首都圏の場合、賃貸物件のほとんどが仲介手数料は家賃の1ヵ月分なのです。

そして首都圏で一人暮らしをする場合、家賃は平均で6万円くらいなので・・・部屋を借りる時には不動産屋さんに仲介手数料として家賃の1ヵ月分を支払わなくてはいけないのです!

もしこれが10万円や20万円の家賃だと・・・そうです!仲介手数料も10万円や20万円を請求されるのです!

部屋を借りるだけで数万の出費。この仲介手数料を減らせたら新しい家具家電、旅行や豪華な食事、好きな洋服など他のことに使えますよね。

そこで今回は仲介手数料を節約する方法を紹介したいと思います。

なぜ仲介手数料は家賃の1ヵ月分なの?

賃貸の場合、不動産屋さんが部屋を紹介して契約になった場合、仲介手数料は家賃の0.5ヵ月分までを成功報酬として受け取っていいことになっています。

さらに!お客さんの承諾を得た場合は家賃の1ヵ月分までを成功報酬として受け取っていいことになっています。

これは宅地建物取引業法という法律で決まっていることなのです。

そのため不動産業者は法令違反をしているのではなく、法律で定めらたルールに従って仲介手数料をお客様に請求しているのです。

仲介手数料の家賃1ヵ月分にいつ承諾したか?

みなさん、よく考えてみ見てください。

仲介手数料は家賃の1ヵ月分でいいよ~なんて、いつ承諾したかな?と思いませんか?

部屋を借りる時に「仲介手数料は家賃の1ヵ月分請求いたしますがよろしいですか?」なんて不動産屋の人に聞かれましたか?

そうです!聞かれていないですよね?

不動産屋は最初に、わざわざそんなことは説明しません。部屋を紹介して契約になった時の契約書などに「賃料の1ヶ月分を仲介手数料としてお支払いいたします」という文を記載することでお客様からは仲介手数料1ヵ月分の承諾は得ているという認識なのです。

では不動産屋に入った時に「仲介手数料は家賃の0.5ヵ月分しか払いません」と言ってみましょう。

賃貸で不動産屋に仲介手数料は0.5ヵ月分しか払わないと言うと…

もし首都圏の不動産屋で仲介手数料は家賃の0.5ヵ月分しか払わないと言ったとしましょう。

ほとんどの不動産屋はこう言ってきます。

「紹介できる物件がとても少ないですけどいいですか?」
「仲介手数料1ヵ月分を、お支払いいただけるなら物件はたくさんあるんですけどね~」
「ウチに仲介手数料0.5ヵ月分の物件はない!」

とこうなりますが、なんかおかしいですよね?しかしこれが現実です。不動産屋は手数料を低くしたくないからです。

万が一お客様に「宅建業法が~!」とか言われてもまったく問題ありません。それは、そのお客さんと契約しなくていいようにすればいいだけなのです。

不動産屋がお客さんと契約をしない方法は簡単です。それはお客さんを「審査落ち」にしてしまえばいいだけなのですから。

このように残念ながら首都圏で部屋を借りる場合は仲介手数料を家賃の1ヶ月分取られると思ってください。

賃貸で仲介手数料を0.5ヵ月分しか払わず部屋を借りる方法

では首都圏で部屋を借りる場合はどうしたらいいの?と思われた方。

安心してください!

全物件、仲介手数料を0.5ヶ月分としている不動産屋さんに行けばいいだけなのです。

紹介しているすべての物件が仲介手数料0.5ヶ月分という不動産屋さんは「ミニミニ」「エイブル」が有名ですよね。

わたしは以前、部屋探しをした時に「ミニミニ」を利用して仲介手数料0.54ヶ月分で部屋を借りることができました。その時にミニミニの担当の方になんでミニミニさんは仲介手数料0.5ヶ月分でやっていけるのかを聞きました。

その理由はお客さんを紹介して契約となった場合は、大家さんから手数料を頂くことで経営を続けて行くことができているそうです。しかし他の不動産屋では手数料を払いたくない大家さんがいるので、仲介手数料はどうしても1ヵ月分としているそうです。

ミニミニやエイブルでは大家さん全員に了承いただくことで、お客様からの仲介手数料は家賃の半月分を実現しているのです。これが出来るのは知名度高い2社だからこそ実現したそうです。

賃貸で仲介手数料を無料で部屋を借りる方法

仲介手数料半月分なのは嬉しいけど・・・。ミニミニで家賃6万円の部屋を借りたとしても仲介手数料は3万円・・・。

それでもまだ何万円と仲介手数料を取られるのってなんとかならない?とお思いの方も多いのではないでしょうか。

もっと!もっと!安いのがないの!?

そんな方のために今、話題の仲介手数料無料サービスサイトがあるのをご存じでしょうか?

それは「ノマド」。

ノマドはポイント消費型の賃貸物件紹介サイトです。

①まずはノマドで希望の条件を登録。

②希望の部屋があれば空室確認を行い空いていれば部屋の見学を予約。

③気に入れば契約となり、なんと仲介手数料無料!

ではノマドへの支払額がいくらになるか気になると思いますが最初に書いた通りノマドはポイント消費型のサイトになります。

ノマドは1ヵ月1,800円で1500ポイントを利用するシステムです。ポイントを消費する項目は主に部屋の見学予約と他サイトで見つけた部屋をノマドで紹介出来るかの問合せでポイントを消費します。

たったこれだけで仲介手数料が無料ならノマドを使う価値は十分に!いや!最高にありますよね!

さらにここでノマド利用のワンポイントアドバイスです。

ノマドでは他サイトの物件を紹介出来るかの問い合わせを行うとポイントを消費します。せっかくポイントを消費して問い合わせたのに紹介出来ないと言われたら、なんだが損した気分になりますよね。

そこで問合せ物件が紹介できると返答をもらえる確率を上げる方法を紹介します。

それは他のサイトで気になった物件があった場合、さらに別の複数サイトで検索して同じ物件が出てくればノマドで紹介してもらえる可能性が高い物件です。もし一つのサイトでしか出ないような物件はノマドで紹介してもらえる可能性は低いと思ってください。

非常に残念なことにノマド利用料が改定となっていました。

個人的には応援していたサービスだっただけに残念ですが、料金改定で変わった点についてまとめてみました。

2016年6月1日からのノマド新料金プラン

ノマド利用料:1,500ポイント (1,620円 税込)

お部屋の見学:3,000ポイント (3,240円 税込)

入居のお申し込み:3,000ポイント (3,240円 税込)

仲介手数料:0円 (2016/6/30までの入居申込の場合)
仲介手数料:32,400円 (2016/7/1以降の入居申込の場合)

まずはノマド利用料からです。

料金改定前は1ヵ月1,800円でポイントを消費するシステムでしたので若干、1ヵ月のノマド利用料が安くなったようです。

次はお部屋の見学についてです。

料金改定前もお部屋の見学にはポイント消費が必要だったのでこちらは、そこまで大きく変わっていません。
そして3,000ポイントで見学できる部屋は3時間で3部屋までとなっています。

次は新しく追加された項目、入居のお申し込みがですね。

これは部屋のお申込みに対して事務手数料として3,000ポイント(3,240円 税込) が必要になるようです。

そして問題の仲介手数料部分です。

ここは簡単に言うと2016年7月1日以降は仲介手数料として32,400円頂きます。ただしそれまでは仲介手数料は0円ですということです。

新料金を見てみなさんも思っていると思いますが、単に値上がりです。それでも一般の不動産屋より安いんですよね・・・。

ノマドはなぜ?新料金に変更?元賃貸不動産営業マンの予想

今回のノマド新料金について元不動産屋の私が個人的に思ったことはノマドは売上げが上がりにくいシステムだったので値上げしたのでは?と私は推測します。

まず今回、新しく追加されている「入居のお申し込み」にお金が必要ということは成約率が悪いということの裏返しだと思っています。申し込みにはなるけど契約には至らないということです。

部屋を見た人がとりあえず申し込みをしてキャンセルをしたり、審査落ちとなればノマド側は手間と時間がかかるだけでお金にならないという最悪のサイクルになるので、「入居のお申し込み」に料金を発生させたのだと思います。

では問題の仲介手数料についてです。

これは単に仲介手数料0円ではやっていけなかったらそうしただけだと思うのですが・・・。仲介手数料0円でサービスを提供できると始めたのにこれって少々おそまつな結果ですよね。

ではなぜ?仲介手数料0円を維持できなかったのか?実は今回、ノマドではスマート条件交渉というオプションメニューを作り、家賃の減額交渉で成功したら、成功報酬が発生させるオプションを作っています。

このことから、料金改定前は多数のお客さんから家賃など何らかの減額交渉を要望されるケースがあったのだと推測されます。

私は不動産賃貸で働いていたのでわかりますが交渉事は非常に手間も時間もかかります。そのためノマドは案件処理に時間がかかり契約数が増えないという悪循環だったのでは?と思います。

それらを解消するために今回の新料金へ変更したのだと思います。

ここまでノマドの新プランについて書いてきましたが、たぶん不動産関係の人でないとわかりにくですよね・・・反省です。

そして私の説明もわかりにくいと思いますが、ノマドの新料金もなかなかわかりにくいです。笑

個人的には仲介手数料0円を復活させて、交渉ごとにはもう少し高い料金を発生させるようにすればいいと思います。

交渉ごとはとにかく時間がかかるのでノマドのような仕組みでは、時間がかかるだけノマド側にとっては無駄です。

そして、いまユーザーが求めているのは今までと違う不動産屋だと思うのです。その求めに応えていたからこそノマドが支持されてきたのだと私は思っています。

交渉しなければ仲介手数料が0円。何らかの交渉をしたい人はオプションで別料金を支払う。

こういった料金プランはどうでしょうか?ノマドさん。笑

まぁそれでも一般の不動産屋よりノマドは安いんですよね。

私も次回、引越す時はノマドを利用して仲介手数料を節約したいですね。

来店不要のネット不動産ならノマド


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です