毎月家賃を払っているのに更新料という謎システムは納得しない


今回は「毎月家賃を払っているのに更新料という謎システムは納得しない」というタイトルで、賃貸の更新料は仕方がない?納得できない?どちらの考えですか?という質問に答えてもらいました。

更新料は理不尽!お金を搾り取る事しか考えていない!

私は30歳の男性で運送業に勤めているのですが、結婚をして子供ができるととにかく出費が重なって仕方がありません。

給料天引きの保険料は上がりますし、生命保険も入らないといけませんし、学資保険もあり、食費、おむつ代、ミルク代、おもちゃ代、お洋服代だけでなく、住む場所に関しても6畳一間という訳にはいきませんので当然家賃も高くなるのです。

それなのに2年に一度というハイペースで1月分の更新料がかかるというとても理不尽で人からお金を搾り取る事しか考えていないとしか思えないこの更新料に関してはもう全く納得できません。

毎月希望している金額の家賃を支払っているのにそれだけじゃ飽き足らずもう1ヶ月分搾り取るなんてもうとんでもないと思います。

毎月家賃を払ってくれるありがたい存在のはずなのに…

賃貸物件を所有しているという事は部屋が埋まっているに越した事は無いはずです。

だからこそ長く住んでくれている人は毎月お金が入ってくるありがたい存在のはずなのです。

それなのに長く住んでいる人からそうやって搾り取るというこのシステムはとてもおかしいとしか思えません。

これでは2年経つ前にまた引っ越してしまう人の方が得になってしまうのです。

大家さんからしたら他の所に引っ越されてしまうと毎月の家賃も入ってこないので出て行って欲しくないのが本音なのに、すぐに出て行く人よりも長く住んでいる人から搾り取るというのは恩を仇で返しているといっても過言ではないと思います。

もう少し人間味をもった制度を作るべきです。

折角長く住んで住み心地が良くなり、その物件を気に入っているのにこの搾り取る様な更新料のせいで全てがぶち壊しです。

こんな制度があると一体誰が幸せになるのかが分からないんです。

更新料は人の弱みに付け込んだ制度

私にも1人暮らしの時に経験があるのですが、更新料が嫌で更新月の前の月に引越しをした事があるのですが、更新料を支払うならそれを引越し代にして別のもっと良い場所に引っ越そうと思うのは自然な事だと私は思いますし、実際にやりました。

少なくとも私と同じ様に考える人というのは存在するはずです。

そうなると更新料どころか、毎月の家賃すら入らなくなり、住んでいた人も嫌な気持ちで出て行くという事になり、皆が本当に不幸になるのです。

まだ敷金を少し高くするという方が理解できます。

これはある意味長く住まないで下さいねと言っている様なものです。

正直いちいち引越しをするのも面倒でしょ?だから家賃1ヶ月分をくれればまだここに住んでいていいからと言っている様にしか思えません。

こんな人の弱みに付け込むなんて絶対におかしいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です