リフォーム、リノベーションの違いと気を付けるべき事の説明


今回、説明する言葉は「リフォーム」「リノベーション」についてです。

みなさん部屋探しの時に限らずこの言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?

しかし賃貸で登場するこの言葉は、なかなかやっかいなものでもあります。

部屋探しでよく目にするリフォームとは

賃貸物件では、よく聞く「リフォーム物件」

リフォーム済み物件、リーフォーム予定など多く目にするリフォームという言葉ですが国土交通省の定義によると

「新築時の目論みに近づく様に復元する」意味との事です。

わかりやすく言うと室内で壊れていたり、汚れ、老朽化した部分を直して建築時のような状態に近づけることいいます。

そのため前の入居者が退去した後に、元の部屋の状態のキレイさに戻すクリーニングもリフォームと呼べるので、ほぼ全物件に当てはまります。笑

部屋探しで目にするリノベーションとは


出典:アンベリール・スタイルより

この「リノベーション」という言葉は最近、聞くようになった言葉だと思います。

国土交通省の定義によると

「新築時の目論見とは違う次元に改修する」意味との事です。

もっとわかりやすく言うと配管、内装、設備など全面的に取替えて、その部屋に新たな価値を生み出すことを言います。

そのため大規模な工事といっていいいでしょう。

賃貸のリフォーム物件、リノベーション物件で気を付ける事

このようにリーフォムは比較的、小規模な修繕。

リノベーションは大規模な修繕。

となるわけですが具体的にどこをどの程度直したらリノベーションになるという明確な基準はありません。

そのため賃貸物件では

【リフォーム、フルリフォーム、リノベーション、フルリノベーション】

といった訳のわからない言葉をたまにみかけます。伝えたい気持ちはわかるんですけどね・・・笑

ちなみにこの言葉を私が不動産屋のかわりに、みなさまにお伝えするなら

  • リフォーム ⇒ 普通程度に直したよ!
  • フルリフォーム ⇒ 設備も新しくしてキレイに直したよ!
  • リノベーション ⇒ 配管から何から何まで新しく生まれ変わったよ!
  • フルリノベーション ⇒ もう全て生まれ変わったよ!

とまぁこんな感じです。笑

しかし先ほども書きましたが、この言葉には明確な基準はありません。

そのため私が営業マン時代にこういった物件を実際に内見したときは、あれ!?この程度?という物件が非常に多かったです。

簡単な例を上げると

  • リフォーム済み! ⇒ クリーニングが完了しただけだった
  • フルリフォーム! ⇒ キッチンが新品で畳がフローリングになっただけ
  • リノベーション済み! ⇒ 玄関のドアだけ昔のまま

このように残念ながら賃貸物件で、この言葉に釣られて実はたいしたことが無いというのはよくあるのです。

私が実際、「リフォーム、リノベーション」物件を見てきたなかで本当にスゴイと思ったのは1件しかありませんでしたから。

それくらい賃貸で空き部屋募集のうたい文句というのはいい加減なのです。

まとめ

まず賃貸で「リフォーム」という言葉に期待をしてはいけません。

期待していいのは「リノベーション」です。

ちなみにフルは付いてなくても問題ありません。あれは不動産屋が気分で付けているだけですから。笑

しかし「リノベーション」といっても昔のままの部分が残っているケースも良くあります。

それらは実際に内見へ行ってしか確かめるすべはありません。

そこで実際に自分の目で全てを確かめることが、もっとも確実な方法となります。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です