部屋を借りる時の構造種別:マンションとは


実はマンションという言葉には明確な定義はありません。

しかし不動産業界では一般的に特定の構造で建てられた比較的、大規模な建物をマンションと呼んでいます。

ではマンションはどのような構造を指すのでしょうか?

マンションは鉄骨造、RC造、SRC造を指す

それでは、それぞれの造りの違いを説明していきます。

鉄骨造

鉄骨を使った建築物。さらに鉄骨の厚さで分類され、厚さが 6mm以上の鋼材を重量鉄骨造、6mm未満では軽量鉄骨造となる。
木材に比べて強度が高く、鉄筋コンクリートに比べ重量が軽い。そのため長い梁に利用でき、柱の本数が少なく住む。

RC造(鉄筋コンクリート造)

組まれた鉄筋を覆うようにコンクリートを流し込み建てた建物。引張りに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを使う事で強度、耐火性に優れた建物。

SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)

鉄骨で柱等の骨組みを組み、その周りに鉄筋を配置し、そこにコンクリートを流し込み建てた建物。鉄骨造とRC造それぞれの長所を合わせた建物。主に高層マンションに用いられる事が多い。

では、この中でどの構造の建物がいいのか?

まずSRC造は高層マンションに用いられる事が多いので、なかなか住む機会が少ないと思うので外します。

そのため賃貸物件でマンションといえば、ほとんど鉄骨造か RC造の建物になります。

同じマンションで鉄骨造とRC造ならどっちがいい?

では鉄骨造とRC造のマンションならどちらがいいのか?

私は自信を持って RC造と言います。

ただ結局、部屋に何を求めるのかによって変わってきます。

ここでは私の個人的な見解でそれぞれについて書いきたいと思います。

鉄骨造マンションがオススメな方

木造より多少、防音性が高ければよいという方。

私の個人的意見ですが鉄骨造マンションは木造より若干、防音性が高い程度だと思います。

マンションという事で鉄骨造に住んだ多くの方が

「もう鉄骨造はいやです。次はRC造のマンションがいいです」

というケースが非常に多かったです。

しかし建築コストが比較的安くすむ鉄骨造マンションは、新築でも家賃が安く設定される事が多いので非常に人気です。

RC造マンションがオススメな方

とにかく防音性が気になる方。上下左右の部屋の音に悩まされた事がある方は必ず RC造マンションを希望されます。

建築コストは高いので新築などでは家賃が高いが、築年数 20年が経過しても手入れが行き届いているRC造マンションは非常にキレイな場合もあります。

とりあえずマンションで選ぶのは失敗のもと

私が営業マン時代に接客させて頂いたお客様の希望で多かったのは、とりあえずマンションという方が多かったです。

鉄骨造、RC造、同じマンションでありながら全く違う構造ですので、それぞれ長所、短所があります。

「とりあえずマンション」ではなく
それぞれの特徴を理解し借りる事で後悔しない部屋探しができるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です