ディスポーザーとは?設備の疑問編


賃貸でディスポーザーについて調べている、そこのあなた!きっと高級賃貸、家賃が高いお部屋への引越しを考えていませんか?

ディスポーザーが付いている物件というのは、ほとんどが高級賃貸なのです。うらやましい限りです・・・。

そこで今回は賃貸物件では珍しい設備「ディスポーザー」についてです。

ディスポーザーとは生ごみを粉砕処理する機械

ディスポーザーとはキッチンの排水溝に取り付けられた生ごみを粉砕処理する機械です。

下記の写真をご覧ください。

ディスポーザー付きの排水溝

普通の排水溝に見えますが、ここに生ごみをそのまま捨てても粉砕処理してくれるのがディスポーザーなのです。

ちなみにディスポーザー部分は下記のようになっており普通の配水管と違い大きなタルのような部分で生ごみを粉砕処理しています。

ディスポーザー本体部分

ディスポーザー付きマンションは高級賃貸?

最初にも書きましたがディスポーザー付きの賃貸マンションとうのは少ないうえに、付いていたとしても家賃は高いです。

そもそも賃貸物件で、わざわざディスポーザー付きにする大家さんはいるのでしょうか?私が知る限りではいませんでした。

私が見たディスポーザー付きの部屋はすべて分譲賃貸マンションの部屋でした。マンションの一室を買った方が部屋を貸しに出された物件ではディスポーザー付きの部屋がありました。

便利なディスポーザーですが、賃貸で大家さんが付けない理由としては、やはりコストが非常にかかるそうです。

この写真のように排水溝にディスポーザーを取り付けるだけかと思いきや、それだけではありません。

ディスポーザー本体部分

お住まいの地域によって異なるようですがディスポーザーを付けた場合、下水に流れるまえに排水浄化槽などを建物に設置し、そこを通して異物を取り除いてから下水に流すようにしなくてはいけない場合もあるそうです。

ここまで読んで頂いてわかると思いますが、非常にお金や手間がかかるので賃貸の、いち大家さんでディスポーザーを導入する事はないのです。

ディスポーザーのメリット

ディスポーザーのメリットは何と言っても、生ごみがほとんど出ない。これに尽きると思います。

通常であれば生ごみは排水溝に流さないようにして生ごみを袋に入れてまとめます。でも夏は臭いが発生しやすく小バエが湧く原因にもなり非常に不快でよね。

それが料理しながら排水溝に流すだけで済むというのは非常に楽ちんなのです。

ディスポーザーのデメリット

これはもちろん排水溝が詰まる場合がある!です。

私も実際に使ったことがないので、正直どの程度つまりやすいかはわかりませんが、ネット上でのディスポーザー使用者の話しを見てみるとメーカーによって詰まりやすいものなどがあるので、取扱説明書は必ず読んだほうがいいそうです。

そのほかには玉ねぎの皮や長ネギなど繊維質のものが詰まりやすかったり、大量に生ごみを入れては詰まりやすいそうですが正直、どの程度が大量と呼べる量なのかがわかりません。

また排水溝を詰まらせないコツは生ごみを少量ずつ排水溝に入れればいいそうですが、生ゴミ処理ができるのを待つためにキッチンの前で待つというのは・・・ちょっと時間のムダ過ぎではないでしょうか?

実際のディスポーザー使用者の感想

私が営業マン時代にディスポーザー付きの部屋に住んでいるという何人かのお客さんにディスポーザーについて話しを聞きましたが、意見は半々といったところでした。

あるお客さんは非常に便利といいますが、他のお客さんは粉砕に時間がかるし詰まりやすいからダメという・・・。

私が実際にディスポーザーを使える部屋に住んで感想を書けばいいのですが・・・。

すみません・・・。そんな部屋、高くて住めません。

まとめ

ディスポーザーが付いていれば、もちろん便利です。

しかし、ここまでのディスポーザーの評判を聞く限りではディスポーザーを使うのが合っている人と合わない人に別れると思います。

生ゴミを室内に置くらいなら粉砕処理時間を待つという人はディスポーザーを使うのが合っている人。

生ゴミ処理の時間を待つのがイヤだという人はディスポーザー使用が合わない人。

私は圧倒的にディスポーザー使用が合わない人ですね。笑

生ゴミ処理を待つくらいであれば袋を二重にして臭いがもれないようにして、とりあえず置いといてゴミの日にすてますね。

それでも付いていて損はしない設備のディスポーザーなので使える時は上手に使えば、より快適な生活が送れますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です