共益費、管理費の違いと説明


みなさん部屋を借りる時の共益費と管理費の名称の違いについて疑問に思ったことはありませんか?

今回は「共益費、管理費の違いと説明」していきます。

共益費、管理費は何に使われているのか?

エレベーター

共益費、管理費は主に下記の内容に使用されます。

  • 廊下、エレベーターなどの電気代
  • 廊下などの清掃費用、水道代
  • エレベーターの定期点検代

共益費、管理費の違い

共益費、管理費の違いはなに?

賃貸の場合、共益費と管理費で意味の違いはありません。呼び方が違うだけす。

賃貸物件を全国で調べてみると「共益費」と呼ぶほうが多いそうなのでここからは「共益費」と呼んでいきます。

共益費なし管理費なしは建物の管理が行われない?

部屋を探しているとわかると思いますが共益費がない物件も多くあります。

これは共益費が無いからといってその建物がまったく管理はされていないわけではありません。

共益費というのは大家さんが好きな金額に設定できるので、すでに家賃のなかに含まれていると思ってください。

共益費、管理費がある物件の方がお得?

上記でも書いたように共益費は大家さんが好きな金額に設定できます。

そこでまったく同じ部屋で同じ条件の敷金 1ヵ月、礼金 1ヵ月、仲介手数料 1ヵ月、更新料 1ヵ月の部屋があったとします。

条件は同じですが二つの家賃が違う場合、あなたはどちらを選びますか?

  • A:家賃 8万円、共益費 2万円
  • B:家賃 10万円、共益費 込み

これは必ず Aの物件を選びましょう。

部屋を借りる際の敷金、礼金、仲介手数料。また更新時の更新料。これらすべては家賃に対してのものになります。

そうすると先ほどの金額は下記のようになります。

  • A:敷礼 16万円、仲介手数料 8.64万円。更新時の更新料 8万円
  • B:敷礼 20万円、仲介手数料 10.8万円。更新時の更新料 10万円

すべて Aの方がとても安いですよね。でも大家さんに毎月支払う金額は ABとも一緒なのです。

これは極端な例としてあげましたが、家賃と共益費が分かれている方が若干お得という事がわかると思います。
お得

家賃補助の関係で家賃と共益費のバランスを変更したい場合

賃貸で、たまにあるケースなのですが、ある会社では家賃補助支給が 8万円まで出るということでした。ただし条件として契約書を会社に持って行かなければいけませんでした。

しかし、気に入った物件は家賃 7.5万円、共益費 0.5万円の物件です。

この場合、入居者は共益費の 0.5万円が自費になるそうですが、みなさん!
会社に払って頂けるものであれば誰だって払って頂きたいですよね?

そんなときは営業マンにご相談下さい!

こういう場合、大家さんから承諾さえもらえれば家賃 8万円、共益費込みに変更してしまいます。

そうすれば入居者の毎月の負担は 0円になります。

このように大家さんが損をしないケースで毎月払ってもらう金額が変わらなければ、こういった事を気にする方はほとんどいません。

似たようなケースで法人契約の場合でも、このような方法を行う事もできるので、何かあれば営業マンに相談してみましょう。

まとめ

共益費と管理費に違いが無いことはわかって頂けたかと思います。

そして可能であれば家賃を下げてもらいその分、共益費、管理費を上げてもらった方がお得になります。

その場合、大家さんは礼金、更新料。不動産屋は仲介手数料が減るので嫌がられますが・・・笑

うまく交渉して初期費用など減らせるものは少しでも減らしていきましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です