大家さんが同じ建物内に住む部屋のメリットとデメリット


最近、検索ワードで増えてきていた、大家さんが一緒に住んでいる建物は大丈夫?ということについて元不動産賃貸営業マンの私が答えます。

初めて部屋を借りるかたなんかは大家さんが一緒に居るほうがいい。

または学生の一人暮らしするかたも親御さんから大家さんが一緒の建物に住んでいたほうが安心。という声を営業マン時代はよく聞きました。

しかし何回か引っ越しを重ねたかたは、大家さんが一緒の建物にいるのはちょっと・・・なんていう声を聞きます。

う~ん。みなさんなぜ?考えが変わるのでしょうか?

そこで今回は大家さんが一緒の建物にいる・メリット・デメリットについてお答えします。

大家さんが一緒の建物に住んでいることのメリット

なにかあった時にすぐに対応してもらえる。

大家さんが一緒の建物に住んでいるメリットはやはり、このすぐにトラブルに対応してもらえるということですね。

騒音トラブル、設備の故障、室内に関しての相談など、すぐに伝えれますし素早い対応をしてもらえることが多いです。

特に分譲マンション一室の大家さんなどは遠方に住んでいる事が多いです。

ちなみに私が以前住んでいた部屋は都内でしたが、大家さんは千葉に住んでいるかたでした。ほとんどトラブルがなかったので特には困りませんでしたが、一度だけ給湯器が壊れてしまい、そのやり取りには非常に苦労しました。

大家さんが一緒の建物に住んでいることのデメリット

なにかと大家さんの目を気にしてしまう。

大家さんが一緒の建物に住む一番のデメリットはこれでしょう。

友達や彼氏、彼女を呼びにくい。ゴミの出しかたなど、なんだか常に大家さんの目を気にしてしまいすよね。

友達や彼氏、彼女を呼んではいけないという大家さんは、ほとんどいませんがなんだか気をつかってしまうものですからね。

では突然ですが、ここでみなさんに質問です。

もし大家さんから「あら?今日は帰宅が早いのね」なんて言われたら、あなたならどう思いますか?

1.ただのコミュニケーションと思って気にしない。

2.帰宅時間をいつも見られている。

さてあなたはどちらの感覚に近いですか?

ただのコミュニケーションと思って気にしない。と思った人は大家さんが一緒の建物でも問題なく住めるでしょう。

帰宅時間をいつも見られている。と思った人は、大家さんが一緒の建物に住んでいる部屋を借りることは避けたほうがいいでしょう。いつか必ず大家さんの事がイヤになりますから。笑

ちなみに私も帰宅時間をいつも見られている。と思ってしまうほうなので、大家さんが一緒の建物にいる部屋は極力、避けてきました。

大家さんの人柄により当たりハズレがある。

自分と気が合う大家さんであればいいですが、もちろん合わない大家さんも大勢います。

そんな自分と合わない大家さんが一緒の建物に住んでいて、しょっちゅう顔を合わせると思うと、とてもいやな気分になりますよね。

大家さんは住んでいるが大家の仕事をしない大家さん

こんな大家さんもいます。

同じ建物に住んでいるが、建物の管理は管理会社に任せているなんていう大家さんもいます。

そのため家賃の振込、トラブルなど、基本的には管理会社とやり取りを行うことになります。そのため一緒の建物に大家さんは住んでいても特に接点がないという場合もあります。

これなら、そこまで気をつかわずに済みますよね。

まとめ

私は大家さんが一緒の建物に住んでいる部屋は、あまりオススメしません。

それは不動産賃貸の営業をしてきて引っ越し経験があるお客さんの話を聞くと、やはり大家さんに良い印象を持っていないかたが多いのです。

その原因は、いまだに大家さんの多くは貸してあげている。という気持ちのかたが多く、さらに年齢が高いことで、なぜか上から目線というかたが多いのです。

そんな大家さんと一緒の建物で顔を合わせる機会が多いのはイヤになりますものね。

とはいえ部屋を借りる人も借りてあげていると思うかたが近年では多くなってきているような気がします。

「大家さんは入居者に借りていただいている」

「入居者は大家さんに貸していただいている」

大家さん、入居者、お互いがこのように思うことができれば大家さんが一緒の建物にいる部屋でもオススメすることができるのですけどね。

なかなか現実は難しいですからね・・・。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です