賃貸で必ず加入する火災保険の役割とその必要性


賃貸で部屋を借りる時に必ず加入する火災保険。

特に初めて部屋を借りるお客様からは「これ入らないとダメですか?」とよく聞かれるのが、この火災保険です。

そこで今回は元不動産賃貸営業マンだった私が賃貸で加入する火災保険についてわかりやすく説明します。

賃貸では必ず火災保険に入らないといけない!?

火災保険に加入する理由はズバリ!自分と大家さんのためです!

こんなドヤッ!みたいな勢いで書いていて恥ずかしくなってしまいますが・・・笑

これは保険の大前提、万が一の事態に備えるということなのです。

もしあなたが借りている部屋で火事を起こしてしまい、部屋を元の状態にもどせなくなってしまうと大家さんは非常に困るのです。

極端な話をすると部屋を借りている人の荷物や家財が燃えようが、大家さんには関係ありません。しかし部屋は貸した時の状態で返してもらわないといけません。

これは賃貸において部屋を借りた場合、元の状態にして大家さんに返すということで契約しているからです。

そのため大家さんは何かあった場合に備えて借りる人には火災保険に加入してもらっているのです。そこで万が一、借りた人が家事を起こした場合は借りた人が加入した火災保険から損害賠償金を支払ってもらうのです。

さて、ここまでは大家さんのためという説明でしたが、ここからは借りた人のためにもなる火災保険の説明です。

下記の例をみてください。

・落雷によりパソコンが故障

・ひょうや強風で窓ガラスが割れた

・台風や集中豪雨で室内が浸水し家財がダメになった

・上の階の水漏れにより自分の部屋に被害

・お風呂の排水溝を詰まらせ水を溢れさせてしまい他の部屋に損害をあたえた

・空き巣に入られて盗難被害にあった

これらほんの一例ですが、すべて火災保険でカバーできます。火災保険と聞くと火事にしか対応しないと思われがちですが、まったくそんなことはありません。

火災保険では・火災・落雷・破裂・爆発・風の災害・ひょうの災害・雪の災害・水の災害・水濡れ・空き巣被害・自室での突発的な事故。

これほど広い内容に対応しているのが火災保険なのです。

今回、あげたのは一例になりますので詳しくは加入された保険会社にご確認ください。

賃貸で不動産屋指定の火災保険に加入する、その理由とは

賃貸で火災保険に加入する場合は、不動産屋が指定したものにほとんど加入します。

これは不動産屋が業務を円滑に進めるためと火災保険に加入してもらうことで、わずかですが手数料が入ってくるからです。

部屋を借りた人が好きな火災保険に入る事も出来るですが、そうすると不動産屋は本当に火災保険に加入したかの確認、火災保険の補償範囲が適切なものかの確認と、確認だらけで手間ばかり増えるので自分たちで取り扱っている火災保険に加入してもらいます。

また火災保険料はどこの会社も金額はそう変わるものではありません。こういった理由で不動産屋取扱いの火災保険に加入してもらっています。

無理をいえば自分で好きな火災保険に加入できますが、加入した本人も手間が増えるだけだと思います・・・。

ちなみに私が営業マン時代に火災保険をお客様自身で加入されたのは保険会社にお勤めの方のみでした。そのかたはご自身が勤める保険会社の火災保険に加入されました。

賃貸で加入する火災保険の一般的な金額はいくら?

火災保険料は2年間で、だいたい2万円という保険が多いです。ちなみに私の勤めていた不動産会社の火災保険料も単身のかたは2年間で2万円。二人暮らしやファミリーの方は2万5千円でした。

そしてお金がない!という方には渋々、1万円ちょっとの火災保険に加入してもらいました。笑

一般的に入居人数が多ければ家財が増えるので必然的に高い保険料のプランに加入してもらうことになりますが、それでもファミリータイプの保険が二年で2万5千円。24ヵ月でわれば千円ちょっとなので万が一の場合を考えれば私は安いと思います。

火災保険は保険契約期間内の解約は保険料の一部が返金される

意外と知らない方が多いのですが火災保険は契約期間に満たないで解約した場合、保険料の一部が戻ってきます。

たとえば部屋を借りるときに2年間の火災保険に加入するために2年分の保険料を払います。しかし10ヵ月で引越すとなった場合、保険の解約返戻金手続きを行えば支払った保険料の55%が戻ってきます。

この解約返戻金は保険契約期間がどの程度残っているかで異なりますが保険契約期間を残して退去する場合、保険料が戻ってくる可能性があるので必ず確認するようにしましょう。

保険の豆知識。地震保険について

賃貸でも部屋を借りる時に多くなっている保険に関する質問が地震保険についてです。

賃貸で火災保険に加入してもらいますが地震保険にも加入してもらうケースはほとんどありません。

しかし近年、地震が頻発していることを踏まえて地震保険にも入りたいという要望をよく頂きました。

そこでまず地震保険について簡単な説明をすると、地震保険は必ず火災保険とセットでなければ加入することはできません。

そして賃貸で地震保険に加入する目的のほとんどが家財のためです。もし地震が起きて家財が倒れ壊れたとしても火災保険はつかえません。ここで地震保険に加入していれば地震保険で家財が壊れた分をカバーできます。

しかし地震保険は保険料が高く建物構造や築年数などにより割引率が異なるので、多くの不動産屋では加入する保険会社に地震保険の詳細を確認くださいというのがほとんどです。

不動産屋も手間がかかる事は保険のプロにおまかせしたいというのが本音なのです。

まとめ

賃貸で火災保険に入るのは自分のためでもあり大家さんのためでもあります。

人生、いつなにが起きるかわかりません。万が一に備えて賃貸では火災保険に入るのは当たり前のことなのです。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です