入居中トラブルで意外と多いタバコの煙をめぐるトラブル


入居中トラブルシリーズ。今回はタバコの煙についてです。

退去時にタバコのヤニ汚れを巡りトラブルになる事がよくありますが、今回は違います。

入居中のタバコの煙をめぐるトラブルについてです。

まず、みなさんはタバコを吸われますか?またはタバコを吸う方と一緒に住んでいますか?

私はタバコを吸いませんし、タバコを吸う人とも一緒に住んでいないのですが、たまに遊びにくる友人はタバコを吸います。

その場合、部屋でタバコを吸わせること絶対にさせず、友達にはベランダで吸ってもらいます。私の場合は部屋に臭いが付くのが嫌なのでそうしてもらっています。

タバコを吸う人は自宅の場合、どこで喫煙する?

近年タバコを吸う人はだいぶ減ってはきていますが、もちろん吸う人はいますよね。ではタバコを吸う人は自宅の場合、どこで吸うでしょうか?

まず単純に室内です。自分の部屋でタバコを吸うのは問題ありませんので。

他には換気扇の下です。これは普通に室内でタバコを吸うより部屋に臭いが充満しないためです。

そしてベランダです。部屋でそのまま吸っていては臭いが充満しますし換気扇の下でも部屋にはタバコの臭いがしますからね。ベランダであれば、ほぼ臭いが部屋には入りません。このベランダでタバコを吸う理由として多いのが家庭で決めたルール、タバコのヤニ汚れを防ぐためとする方が多いです。

しかし、このベランダでの喫煙を巡って裁判まで発展したケースがあります。

ベランダでの喫煙を巡る裁判について

平成24年(2012年)に名古屋で起きたベランダでの喫煙を巡る裁判にいたるまでの経緯です。

あるマンションに住む女性が室内にいるとタバコの煙が入ってきたそうです。女性は下の階に住む男性がベランダでタバコを吸っているのを確認して口頭や手紙で、室内で喫煙するよう求めたそうです。しかし男性は応じずベランダで喫煙を続けたため、女性はタバコの煙で体調が悪化したとして提訴したそうです。

その結果、女性の健康被害は認められ賠償金として5万円の支払いを男性に命じたそうです。

この裁判は2012年のもので、現在はマンションによってはベランダ、バルコニーでの喫煙は管理規約などで禁止する建物も増えてきましたが、現状では禁止と明記する建物はまだまだ少ないです。

喫煙は他人に迷惑をかけないことが重要

タバコを吸う方には肩身の狭くなるような判決ですが、この判決は当然のことなので仕方がありません。タバコを吸う人は我慢してください。とは書きつつもタバコを吸うのが一概に悪いとは言いません。他人に迷惑がかからないように吸うぶんにはかまいません。

ここが重要なポイントなのですが他人に迷惑をかけないことが重要なのです。

では自宅でタバコを吸う場合はどうすれば他人に迷惑をかけないのでしょう?それは簡単です。マンションなどでルールがある場合はそれに従い、注意、お願いをされた場合はすぐさま喫煙場所の変更をすることです。

喫煙に自由はなく制限を受けることを覚悟すること

マンションのルールがあれば当然従いますが、無ければベランダ、バルコニーで吸っても大丈夫です。しかしクレームやマンションの掲示板に喫煙へ対しての注意文が掲示された場合、即刻ベランダなどでの喫煙は止めてください。

その後は我慢をして室内で喫煙しましょう。タバコを吸いたいが部屋に臭いが付くのが嫌な方は喫煙専用の部屋を作るか強力な空気清浄器を準備して吸ってください。室内に臭いを付けずにタバコを吸うためにはこれくらいの努力が必要です。

ベランダ、バルコニーでの喫煙に悩まされたら

ここまで喫煙者に対する注意を書いてきましたが、もしあなたがタバコの煙にお困りでしたら管理会社、または大家さんに伝えましょう。その方法はこちら「入居中トラブル第一位の騒音トラブルについて」と一緒になのでお読みください。

先ほど述べた、ベランダでの喫煙で裁判になる事は珍しいそうです。通常は話し合いで解決するそうでうす。

タバコの煙にお困りの方は管理会社、または大家さんに相談し、あまり良い回答をもらえなければこんな判例も出ているので何とかしてもらえませんかとお願いしてみましょう。

害を受けているが側が、なぜこんなに苦労しなければいけないの?という気持ちもわかりますが、わざわざ裁判までする手間を考えれば仕方ない事です。まずは話し合いでの解決を目指しましょう。

喫煙者の方へお願い

ここで当然の事を書きますがタバコの煙によって引き起される害は科学的根拠をもって示されています。そのためタバコを吸う側は常に周りへの注意を払う義務があるのです。

昔のようにタバコへの害に対する意識が低い時代であれば問題とはならなかったかもしれませんが、今は違います。

喫煙者のみなさんは有害な物を吸い、有害な物をまき散らしているのです。ご自身だけへの害であれば問題ありませんが、そうもいきません。

周囲へ害を与えないよう注意を払って喫煙するようにお願いします。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です