独身の間は賃貸暮らしの一択!今は賃貸がいい!


今回は「独身の間は賃貸暮らしの一択!今は賃貸がいい!」というタイトルで、いつまで(何歳まで)賃貸住宅に住もうと考えているかについて教えてもらいました。

シングルマザーで子どもと一緒に賃貸で暮らしている

私は現在40才の女性、シングルマザーで子どもと一緒に賃貸暮らし中です。

子どもが成人して結婚した後のことを考えると自分の老後は団地に一人暮らし・・・と考えていました。

年金といっても、その時どうなっているかもわかりませんし、できる限りは働き続けたいと思っています。

現在は在宅でライターの仕事ですが、子どもの成長に合わせてまた外に出て働けたらそれはそれでありがたいし、無理であれば今の仕事をとことん突き詰めて頑張っていくだけと覚悟しています。

一応先のことを考えて、いくつか資格はとってきました。

今は家を買うという大きな冒険をしたくない

毎月家賃を払うのであれば、中古マンションを購入した方がいいのではという考え方もありますし、周りの人を見まわせばやはり一戸建てやマンションなど購入している人も多いです。

ですが、なかには離婚して相手に家を譲って出てきた人もいますし、離婚を見据えた別居になり一戸建てのローンだけ払い続けている友人もいます。

自分自身もそうですが、人生何が起こるかわからないということを経験したので、今現在は家を買うという大きな冒険をしたくない、身軽な賃貸暮らしがいいと思うのです。

まず、家賃を払っていても自分のものにはならないと言われる方もいますが、それでも住んでいて何か故障した、不具合が出たとなりましたらよほどの過失がない限り大家さん負担で直してもらえますし、何か嫌なことがあればどこへ引っ越すのも自由です。

ご近所トラブル…悪意に満ちたウワサで嫌な思いをした

実はご近所トラブルにあって過去に1度引っ越しをしました。

離婚した時にそのまま私は借りていた部屋に残り、相手が出て行ったのですが、近所の心ない人から悪意に満ちたウワサを流されたり嫌な思いをしましたが引っ越した時はスッキリしました。

もちろん引っ越し費用はかかりましたが、もしこれが賃貸でなかったら私は嫌な思いをしてずっと住み続けなければいけなかったかもと思うとこの時賃貸暮らしってやっぱり身軽だなと思いました。

そんなわけなので、独身でいる限りは賃貸暮らしです。

もしも再婚することがなければ一生・・・ということになりますね。

もし再婚したら自分たちの家を持ちたいと考えると思う

いずれ、再婚が本当に現実のものとなった時、何年後かはまったくわかりませんが、その時は多分賃貸暮らしでなく自分たちの家を持ちたいと真剣に考えると思います。

私自身は再婚しても賃貸暮らしでいいと思うタイプですが、相手に男性が持ち家にこだわるのであればその希望に沿っていきたいと思います。

何にせよ、ローンなんて気軽に組めるような年代ではなくなっていますから、中古物件で探すと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です