きっとこのまま賃貸に住み続けると思う…


今回は「きっとこのまま賃貸に住み続けると思う…」というタイトルで、いつまで(何歳まで)賃貸住宅に住もうと考えているかについて教えてもらいました。

家を購入したいという夢を持ったこともあるが…

50歳男性、飲食業。

マンション暮らしも、もう既に30年以上になります。

これまで買ったことはありませんので全て賃貸物件になるのですが、想像すると同じところにどれだけ住むかはわからないものの、きっとこのような生活がずっとこの先も続くのではと思っています。

若い頃はもちろんマンションか一軒家を購入なんて夢も持ったことがあるものの、40歳あたりになってからはそんな気持ちもあまりなくなってきたような気がします。

現実的なことが理由ですが、やっぱり余裕がないとなかなか自分の持ち家というイメージって湧いてこないものですね。

賃貸の生活は自分に合っている

あいにく東京を離れる気がないので買うにしても相当な予算を組む必要がありますし、ほどよく都心が好きな私は辺鄙な地域でのんびりするのも性に合わないのです。

それならば生まれた田舎に戻って、ということになるのでしょうが、何しろ時間のゆったり流れる田舎暮らしが得意でない。

多少高くても東京が変にストレスを感じずに済むので暮らしやすい気がしています。

賃貸だからと言っても特にそれが悪いように感じたことがありませんし、むしろ飽きたら引っ越せばいいという気楽さが自分に合っているんじゃないかとすら思います。

もちろん家賃などに応じて希望通りの暮らしができるかはまた別の話なのですが、しっかり管理の行き届いた物件が借りられれば自分で管理するよりも数段楽ですね。

今住んでいるマンションは住み始めて丸3年ほどになりますが、プライバシーもしっかり守れて満足しています。

多少防犯について認識が甘い部分があるかもしれませんが、これは先々の課題でもありますね。

もっと歳をとった気持ちが変わるかもしれないが…

ただマンションならともかく、一軒家を自分で管理する方がずっと面倒だろうし、何かアクシデントが起こった場合に、田舎のような人のつながりを持っていない東京では困ることが出てきそうです。

もしかしたらもっと歳をとったら少しは気持ちも変わるかもしれませんが、気楽に住めるという前提では今のところ賃貸住宅の方が理にかなっているような印象ですね。

理想なら管理が徹底されている高級マンションを購入して、飽きたら人に貸すなんて手段もあるにはあるんでしょうがそれはそういうことができる人対象ですね。

今の時点では自分には無理ですし、やはり夢物語に過ぎないのかもしれません。

一つ懸念があるとするなら年齢的に引っ越す時の保証人探しに苦労するようになったことでしょうか。

前回の引越しの際にそういうことをリアルに意識するようになりました。

ただ見通しとしてはずっと賃貸、それはしばらく変わりそうにありません。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です