35歳周辺で物件購入しないと将来、ローンの支払いが大変


今回は「35歳周辺で物件購入しないと将来、ローンの支払いが大変」というタイトルで、いつまで(何歳まで)賃貸住宅に住もうと考えているかについて教えてもらいました。

会社から家賃補助がでるので賃貸に住んでいる

30代前半男性。

賃貸住宅に住み続けるか、購入するのかのラインは私の周りでは35歳周辺にありそうで、私もその辺りが期限だと思っています。

勤めている会社の福利厚生の一つである、家賃補助がその年齢を境に終わってしまうので、そこから先は購入を考えています。

会社には社員寮や家族寮がない代わりに35歳までは一律三万円までの家賃補助を出してくれています。

今の家は12万円の月額の家賃のため毎月九万円の家賃で賃貸住宅に住めています。

家族三人で住むためには神奈川近郊ではそのくらいの値段帯なければ狭かったり、交通の便が悪い、もしくは環境が良くないなどのデメリットが出てきます。

それ以上の家賃の物件もいくつかありますが、月十万円の家賃を支払うならばそろそろローンと住宅管理費を出すのより損をすることになりそうです。

住宅を買うか迷ったが見送ることに…物件購入を見送った理由

今の家に引っ越すときもそこは家族で議論になりました。

比較的安い分譲マンションであればと月々のローンが七万円弱、さらに管理費も支払っても九万円を切りそうでした。

いずれ買うのであれば早め早めに買ってしまったほうがローンの負担は生涯で見ると安くなりますので非常に魅力的な選択肢ではありました。

そこでギリギリ踏みとどまったのがその物件の周りの教育環境があまり良くなさそうでした。

子供がいますので、家を買うとそこから近くの小学校に入れることがほぼ確実になります。

そうするとその小学校などの教育環境が気になるわけですが、あまり評判が良くなかったので踏みとどまったのです。

幸いにして私の会社では転勤はほとんどないので、せっかく分譲マンションなどを買ってもすぐに転勤させられて新築のうちに住めなくなってしまうというリスクは少ないのが救いですね。

家計を抑えるベストの判断は早めの物件購入かもしれないが…

そうとはいってもやはりローン支払いは早めに終わるのが理想的ではあります。

なかなか難しい判断でしたが教育環境が整うところの物件を落ち着いて探そうという意見で一致してそのときは見送りました。

わずか三万円ではありますが補助の有無は家計に少なからず影響を与えてしまいます。

家計を抑えるベストの判断は早めの物件購入かもしれませんが、この補助をいっときの猶予と捉えて、いよいよ家賃補助がなくなる35歳をメドとして今のうちから早めに物件選びや少なくとも住環境の下調べをしていこうと思っています。

できれば今の家賃支払いよりも安く抑えられたらいいなとは思いますが、これからまだまだマンション価格は上がっていくでしょうから難しいかもしれませんね。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です