更新料を月々で換算して支払う総額で判断


今回は「更新料を月々で換算して支払う総額で判断」というタイトルで、賃貸の更新料は仕方がない?納得できない?どちらの考えですか?という質問に答えてもらいました。

更新料が賛成か反対かと言われれば反対

44歳男性、会社員。

大学を卒業して以来ずっと単身用の賃貸マンションに住んでいるのですが、更新料がある地域なので更新料は当たり前のように存在しています。

しかし更新料が賛成か反対かと言われれば反対です。

それでも実際に家賃として払う実費として考えないと判断できないと考えています。

月々の家賃が低めで、それに更新料があって月々に換算すると払う額は総額で同じぐらいになるのなら金額的には妥当だと判断することになると思います。

更新料が1年や2年ごとだとある程度まとまった金額が必要になりますが、ボーナス払いだと考えると月々低めに設定されていると考えられる人は更新料がある制度のほうがいいのではと思います。

私はボーナスを更新料などには当てたくないので月々でその分を払い、更新料はないほうがいいと考えています。

ここまでは総額が変わらないときの話で、私が更新料を反対するのは金額以外に実際に家賃を少なく見せかけて設定している、ずるさを感じるからです。

契約した後になって更新料に気づく人もいる…

通常賃貸の情報を出すときは月々の家賃を前面に出します。

更新料はよく確認しないと気づかないままでいる人も多く、契約段階で初めて気づきだまされた気分を味わう人も少なくないと思います。

良心的な不動産屋などでは更新料があれば、月々換算の金額も表示しているところもありますが、そういったところは非常に少ないといえます。

よく調べてみると月々の支払い金額が相場のままで、さらに更新料を追加しているときも多くあります。

物件を探しているときに相場だからここにしようとあらかた決めているときに、更新料の存在を知ることになって残念に思うこともあります。

契約の前に気づくならまだいいですが、契約した後になって気づく人もいて自己責任とは言え、だまし討ちにあったと感じる人もいるのではと思います。

ひどい人なら更新時期になって初めて更新料がいるのだと気づく人もいてまとまったお金をどうしようか困っている人もいます。

更新料は紛らわしい制度

契約社会なので全て自己責任といえばそうですが、あまりにも不誠実な制度といわざるを得ません。

最終的には、賃貸物件を借りるときには諸条件をよく読んで家賃以外にどういった支払いがあるかを十分に確認する必要があるという現実があります。

それらを総合的に判断して実際に支払う総額を計算して物件を決める必要があるということです。

個人のそういった注意深さが求められますが、それでも更新料は紛らわしい制度であるのでなくなる方向であることが望ましいと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です