更新料を修繕費などに充てて帳尻を合わせていると思うので納得


今回は「更新料を修繕費などに充てて帳尻を合わせていると思うので納得」というタイトルで、賃貸の更新料は仕方がない?納得できない?どちらの考えですか?という質問に答えてもらいました。

賃貸で2年に一度やってくる更新料は困る…

私は42歳で契約社員として仕事をしています。

そして主婦としても頑張っていますので二束のわらじを履いています。

夫の扶養の範囲内で働いているので、そんなに沢山の仕事をしているわけではありません。

そんな私達夫婦を定期的に困らせるのが、賃貸住宅の2年に一度やってくる契約更新料です。

契約更新料は一応一か月分の家賃を払うことになっています。

そして、そのときには必ず火災保険の更新もやってきますので、契約更新の時には色々な出費が重なって本当にやりくりが大変になります。

更新料なんか無い物件を探したいと思ったこともあります。

更新料を払う物件の不動産屋はしっかりしていると思う

でも、更新料を払わせる不動産屋さんって案外しっかりしている不動産屋さんが多いような気がしました。

まぁ物件の良し悪しとか物件の新しさがどれほどのものかと言うこともあるかもしれません。

しかし、私がお世話になった不動産屋さん(今の物件と、前の物件)は、結構不動産屋さんがしっかりしていて、それゆえにこの更新料も不動産屋さんの手数料的な感じでとられているのかなと思いました。

例えば、不動産屋さんが、いつも物件全体を管理してくれているので、共有部分の電気が切れていたりすると直ぐに交換してくれるし、マンションの駐車場、階段やエレベーター等の共有部分もいつも綺麗に掃除してくれています。

多分外注でそういう業者を雇っておられるのだと思いますが、いつも快適に生活できるのは不動産屋さんがこの物件を管理してくれているからだろうと思いました。

そのときは家賃とあわせて払っているのは、管理費と共益費がそれぞれ1000円ずつだったので、この安さで管理をしてもらっているんだったらきっと赤字になるだろうから、きっと更新料などでうまく帳尻を合わせているんだろうなと思ったりしました。

更新料などで建物の修繕費など帳尻を合わせていると思う

私たちのマンションだけのゴミの収集場にゴミは捨てられるし、部屋に何かのトラブルがあれば(例えばウォッシュレットの調子が悪くなったとか、天井の壁に一部はがれがあるとか)不動産会社に連絡をすれば、直ぐに無料で部屋の修繕をしてくれます。

これも敷金を払っていると言うだけでなく、更新料などでうまく帳尻を合わせてくれているんだと思って、私は更新料も我慢して支払っています。

更新料は大体1~2ヶ月分の家賃だと思いますが、それを払うのが難しい人は別の賃貸へと引越ししていきます。

きちんと更新料を支払って暮らしている人は、本当にその場所とかマンションを気に入っている人、ある程度支払いのゆとりのある人と言うことになり、住む人の雰囲気も、ちょっと危なげだったり怪しげだったりする人がどんどん減っていくように思えて、そういう管理体制も私としては良いと思っています。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です