ホームページだけを見て決めた物件に激しく後悔した…


今回は宮城県仙台市の賃貸住宅について

「ホームページだけを見て決めた物件に激しく後悔した…」というタイトルで、どんなところが一番最悪だったのかを教えてもらいました。

引っ越しを伴う転勤で部屋を見ずに決めて後悔…

20代前半女性。家賃4.5万円。

場所は宮城県仙台市青葉区。

道路沿いの1階の賃貸物件に住んでいました。

突然の引っ越しを伴う転勤であった為にホームページだけを見て下見をせずに入居を決めたのですが、激しく後悔しました。

ワンルーム8畳+ロフト1.5畳の部屋です。

部屋自体はパッと見、清潔感のある部屋です。

地下鉄の駅まで徒歩10分、バス停は徒歩3分のアクセスは便利な場所です。

しかし、細かいところで問題がありました。

1階の宿命。人通りが多く洗濯物も干せず窓も開けられない

1階暮らしの宿命かもしれませんが、人通りの多い道路沿いであった為、窓を開けると部屋が通行人に丸見えでした。

シャッターを開けると通行人が目の前にいます。(窓は閉めた状態)

窓の加工で、日中は通行人からは部屋の中が見えないようになっていますが、部屋の中からは外が見えます。

窓の加工の反射で、通行人が鏡代わりにこっちをちらちらとを見てきます。

中年男性の方が窓の向こうで立ち止まって髪をセッティングしていた事もあり、非常に不快でした。

この状態なので、洗濯物も外に干せません。

部屋の換気は、小さな排煙口を開けるしか方法がありませんでした。

近くに商店があり家の前の迷惑駐車とポイ捨てが多い

近くに商店があり、商店が指定する駐車場より私の家の前に停めた方が近道であった為に、とにかく家の前の迷惑駐車が多かったです。

本当に迷惑だったのは年配の方の、車からのごみのポイ捨てでした。

常習犯だった方には注意したのですが、私が仕事中の平日の日中でも同じことがあるようで、よくゴミが散乱していました。

帰りに家の前に潰れたトマトが落ちていた時は、何事かと理解に苦しみました。

壁が薄く生活音が丸聞こえ…

壁が薄く、隣の部屋の生活音が丸聞こえでした。

特にうるさくしているわけでもないのに、日常会話の声すらだだ漏れです。

これが一番困ったポイントかもしれません。

一時期、父親が家に来ておおっぴらに騒がれたときは管理会社経由で他の部屋の人から書面で苦情が来てしまいました。

苦い思い出です……。

良いのは交通アクセスだけ…

あとは細かい部分になりますが、こんなこともありました。

・水洗トイレの小が流せない(大は流せます)。

・入居時に浴室の棚が壊れていた(前の入居者がごまかしたものだと思われます)。

・隣の部屋が水漏れ 等……。

アクセスは便利なのですが、我慢すべきポイントが多い部屋でした。

折角日が差す部屋なのに、窓を開けられない部屋であったことが辛かったです。

今後、他の物件に引っ越すときは下見をきちんとすべきだと学んだ引っ越しでした。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です