地域の家賃相場の半額で住めたが虫御殿だった


今回は賃貸住宅について

「地域の家賃相場の半額で住めたが御殿だった」というタイトルで、どんなところが一番最悪だったのかを教えてもらいました。

友人に教えてもらった良い物件の探し方…

友達から教えてもらった方法で物件を探しましたがダメでした。

私は大学4年生の女子大生です。

自分で不動産屋を回った所、家賃が高い所ばかりを勧められて嫌気がさしていました。

そんなある日、友人に良い物件の探し方を教えて貰いました。

まず先に良い条件の物件を探した上で家賃などの自分の求めている条件を不動産屋に伝えると言う方法でした。

この方法で物件を探すようになってから、安い物件を紹介して貰えるようになりました。

そして最終的に家賃相場が4万円くらいの地域で、なんと約半額の21000円の物件に住む事を決めました。

しかしながら、ここからが不幸の始まりでした。

設備の故障や騒音がひどい…

二階以上を希望しておりましたが、不運にも1階の二部屋しか空いておらず、お風呂に追い焚き機能が付いていた事から、一番入り口に近い部屋を選びました。

しかしながら、すぐにお風呂が壊れてしまい、この部屋を選んだ理由がなくなってしまいました。

運が悪かったのでしょう、上の階の住民は毎晩大声で歌ったりギターを弾いたりしていました。

大家さんにも伝えましたが、その方が退去される事は避けたかったのでしょう。

強く言わなかった為でしょうか、すぐにまたギターを弾き、歌いはじめました。

天井をクイックルワイパーの柄を使って騒音を注意した事もありましたが、何の効果もありませんでした。

大家さんの管理不足…ゴキブリと虫が大量発生…

更に大家さんの管理不足により目の前の排水口から洗濯する度に汚水が流れ、溢れました。

後に排水の管が詰まっている事がわかりました。

それまではそういった場所が多かった為でしょうか、ゴキブリがしょっちゅう現れました。

酷い時には未使用の予備のスポンジの袋にも入っていました。

最終的にはアパートを更新料を取られる前に引き払いましたが、掃除をする度にゴキブリの死骸が大量に出て来ました。

暑い時期には大きなゴキブリが押入れや玄関の隙間から出てくる事はもありました。

他にも便所こうろぎに大量の蜘蛛、がなどが大量に家の中に入って来ました。

あの家は人の住む所とはいえない建物…

また大家さんの管理の甘さでしょうか、私の家の前にヤツデの木が生えていたのですが、毎年花を付けては蜂を引き寄せていました。

酷い時にはスズメバチも来ました。

大家さんに伝えると大家さんが自ら切り、切りカスを家の前に放置されました。

もうあの家は人の住む所ではありませんでした。

虫の住む家、ムシ御殿としか言えません。

代わりに虫に家賃を払って欲しいとすら思った事は何度もあります。

あのアパートを引き払う事が出来て良かったと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です