建物が良くても住んでいる人のマナーが悪く最悪の部屋に…


今回は北海道札幌市の賃貸マンションについて

「建物が良くても住んでいる人のマナーが悪く最悪の部屋に…」というタイトルで、どんなところが一番最悪だったのかを教えてもらいました。

一人暮らしとしては条件的に問題も無く即契約した物件

現在33歳、男、フリーターです。

今まで北海道、東京都、神奈川県、京都府で賃貸物件を借りたことがありますが、現在住んでいる、北海道札幌市白石区の物件が一番最悪と言えます。

この部屋は友人の知り合いの不動産屋さんでの賃貸契約なので、初期費用が優遇されました。

敷金礼金無し、仲介料無し、1か月分家賃無料、駐車場3000円引き。

立地的には地下鉄駅2駅の中間点で、徒歩8分程。

1DKでペット可のマンション。

家賃は38000円、管理費5000円、駐車場代が7000円で、計50000円です。

一人暮らしとしては条件的に問題も無く、即契約しました。

マンションに住む住人のマナーの悪さが浮き彫り…

去年の夏に引っ越してきたのですが、まず気になったのがペットの匂い。

私自身はペットを飼っておりません。

ペット可のマンションでは、犬の吠える声の騒音などが問題になりそうですが、こちらでは、共用部であるエレベーターにペットの尿の匂いが充満、これが結構な苦痛でした。

特に夏場は、いくら涼しい北海道といえども、不快でなりません。

一部の住人がエレベーターでペットに尿をさせているようでした。

管理会社も注意書きの張り紙を出し、対応していたようですが、いまだに改善されていません。

これを発端に、このマンションの住人のマナーの悪さが浮き彫りになりました。

これは住んでみないと中々わからないことです。

住み続けて数か月後、ゴミ出しのマナーの悪さが露呈してきました。

前日夜中に生ゴミを捨てるくらいならどこでもありそうですが、論外なのが、粗大ごみを無造作に捨てている。

ベッドのフレームや布団、扇風機やテレビ。

当然、粗大ゴミシールは張っておらず、放置しています。

管理会社がなくなく撤去しておりました。

建物が良くても住人のマナー次第で最悪な部屋になる

さらに不快なのは生ゴミ。

こちらの地域では火曜と金曜が燃えるゴミの日ですが、ここの一部の住民は、そんなことは一切気にせず、捨てたいときに出しているようです。

住み始めた当初は、様々な種類のゴミを、曜日関係なくゴミ捨てボックスに入れているため、燃えるゴミの日には、ボックスに入り切らずに外にあふれていました。

当然、カラスに荒らされ、生ゴミが散乱。

冬は雪の上に、生ゴミ模様が形成されていました。

本州に住んだことがある人なら、おわかりだと思いますが、こんな状態だと、本州ならゴキブリが発生するでしょう。

現在は、ボックスが2つになり、あふれることも無くなりましたが、一部住人のゴミ出しマナーは変わっていません。

いくら外装や内装、設備が整っていても、住んでいる住人のマナー次第で、最悪な部屋となります。

ちなみにこの部屋は、今月退去することになっています。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です