女性の部屋探しは3つの注意点を確認しよう!


女性の部屋探しで、これだけは注意したい3つのポイントについて元不動産賃貸営業マンの私が解説します。

今まで多くの女性ひとり暮らしのお客様を接客させていただきましたが、女性のかたの多くはとりあえず2階以上とオートロックという希望が多かったです。

たしかにその通りなのですが、もっと気にしてほしいポイントがあるのです。

注意点その1・セキュリティがしっかりしているか?

一つ目の注意点はセキュリティです。これはどなたでも希望する条件で一覧を書きだすと下記のものがあります。

・オートロック

・モニター付きインターホン

・2階以上の部屋

・建物内の廊下などに防犯カメラ

・管理人さんがいるか、または大家さんが同じ建物に住んでいる

これらのすべてを満たす物件であればセキュリティは非常に高いとえますがその分、家賃もグンと高くなります。

そのため、このなかでクリアしやすい条件となると、やはりオートロックと2階以上の部屋ということになります。

しかしオートロックといっても他の住人がオートロックを通る時に、その建物の住人になりすまして一緒に入ればオートロックというのは簡単に突破されてしまいます。オートロックだからといって安心しないよう気を付けましょう。

注意点その2・建物内の状態と周辺環境は良好か?

二つ目の注意点です。

・建物の廊下、エレベーター内、ポスト周辺の確認

建物内が掃除されているか、たとえ掃除されている建物でも入居者の意識が低い建物ではすぐにゴミのポイ捨て、タバコの吸い殻を捨てるということがあります。

・自転車置き場、ゴミ置き場の確認

これは先ほどと同じ理由ですが、つい忘れがちになる項目です。自転車に乗らなくても自転車置き場の確認、ゴミ置き場は必ず確認しましょう。

ちなみに私は引越を検討した建物のゴミ置き場が粗大ごみだらけでゴミが散乱している状況をみて即、候補から外しました。

まず住んでいる住人の意識の問題です。自分たちが住む建物なのにゴミを散乱させるということ。共同住宅で他人同士が住んでいることへの意識が低く、自分さえよければという考えの可能性が高い。そうなると住居人同士のトラブルも発生しやすく危険なのです。

・建物周辺の環境

建物周辺でゴミが散乱していないか、ゴミ屋敷はないか、恐そうな車が止まっている住宅はないか。

これはたとえ自分が住む建物が大丈夫でも建物の近所に問題がある場合はトラブルに巻き込まれる可能性、騒音、悪臭に悩まされる可能性が高いので、部屋が気に入った場合でもやめた方がよいです。

注意点その3・夜でも明るい道を通って帰れるか?

三つ目の注意点です。建物のセキュリティがどんなにしっかりしていても、ここは重要です。

・夜でも明るい道を通って帰れるか

特に住宅地にあるアパートやマンションは夜、暗い道を通るという物件も多く、昼に通っただけではわかりません。

部屋探しでは不動産屋の車で部屋を見て回ることが多いので、もし気に入った物件であれば物件から駅まで歩かせてもらいましょう。その時には必ず暗そうな道なのか?ということを確認するようにしましょう。

まとめ

女性の部屋探しで、これだけは注意したい3つのポイントについてでしたが、いかがだったでしょうか?

女性が住む部屋であれば、これらを全て満たす部屋であればいいのですが、家賃が非常に高くなってしまいます。

そのため、お金をかけず安心な部屋に住むポイントは

・建物内の状態と周辺環境は良好か?

・夜でも明るい道を通って帰れるか?

まずはこの上記2点を重視して、そのあとに建物にあったらラッキーといった程度の気持ちでセキュリティ部分を考えるようにしましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です