部屋の見学で不動産会社へ行く前の準備・部屋探しの流れ②


こんにちわ。

元不動産賃貸営業マンをしていました中田です。

「部屋探しは検索サイトでまずは情報収集・部屋探しの流れ①」を参考にして頂きインターネット上で気になる物件が見つかった方は次にお部屋を見に行く準備をしましょう。

不動産会社へ行く前に覚えておきたい部屋を借りるまでの流れ

不動産屋へ行く前にお部屋を借りるまでの流れを簡単に説明します。

  1. 内見、内覧
    自分の希望にあった部屋を決めます。
  2. 申込み
    必要事項を記入して入居の意思を示します。
  3. 審査
    申し込み者や保証人が家賃の支払いが可能か?入居者として適切かを判断します。
  4. 契約
    契約書へ署名捺印を行います。
  5. 入居
    カギをもらい入居可能となります。

こちらが一般的な賃貸物件の入居までの流れになります。

「申し込み」「審査」「契約」の詳しい説明は、また後日書きますね。

賃貸物件では部屋の掃除が終わっておりキレイな状態の部屋ではスグに入居できる状態を「即入居」と呼ばれています。

部屋を見られる物件は、ほとんどが即入居物件となり申込みをした日から 2週間以内には入居(家賃が発生する日)となる場合が多いです。

賃貸物件の場合、申込みから入居(家賃が発生する日)までの期間は短いので、そのあたりを考慮して引越しの計画を立てましょう。

賃貸で部屋の見学には不動産会社への予約は必要か

私は賃貸で部屋探しの場合、不動産屋への来店予約はしてもしなくても良いと思います。

それは賃貸物件の大原則は早い者勝ちだからです。

お客様が見たい物件があり来店予約をしていても、その物件をどこかで他の方が先に申込みをした場合、あなたは入居できなくなってしまうからです。

来店予約をする事で、その物件を他の方へ紹介しないという事ではないので来店予約をする必要性がないと私は思っています。

でも予約せずに不動産屋に行ったら待たされたから予約の必要があるんじゃない?とお思いの方はいませんか?

不動産屋は希望の部屋を見つけご契約頂くのが仕事ですから、お客様それぞれでかかる時間が違います。

そのためお客様にかかる時間は予想できないので来店予約を入れていてもお待ち頂く事はよくある事です。

どうせ待つなら予約せずに行った方が私は良いと思います。

さらにあなたの部屋探しが 1~3月だった場合。

みなさんご存じかと思いますが、1~3月は4月からの入学、転勤、異動に合わせて引越しをする方が一番多い時期です。

不動産屋は水曜日休みの会社が多いですが 1月~3月だけは水曜日も営業となる会社が多くなります。

それくらい 1~3月に部屋を探す人が多い時期になります。

そのため 1~3月の不動産屋はどこへ行っても混んでいるので予約しても待つ事になるでしょう。

賃貸で不動産会社への予約は必要ないが来店する時間が重要

希望の部屋を見るために不動産会社への予約は必要ありませんが、来店する時間がとても重要です。

来店する時間は必ず午前中。午前中でもできるだけ早い時間に行きましょう。

理由は3つあります。

いちばん空いている時間

店内が混んでいると雰囲気にのまれ正常な判断がしにくくなるため

日当たりが確認できる時間


一つめの「いちばん空いている時間」ですが、それだけの理由?と思われるかもしれませんがそれが大事なのです。

多くのお客様は土日にご来店頂くのですが休日の朝くらいはゆっくりされたい方が多いですよね。

ゆっくり起きて準備してご来店となると午後1時の来店が一番多くなります。

そのため不動産屋では土日の午後1時~4時位までが一番込み合う時間帯になります。

これはデパートなどが一番込み合う時間と一緒ですね。

朝はゆっくりして午後から動きたい。

私もそのタイプなので、その気持ちは非常によくわかります。笑

しかし先ほども書きましたが不動産屋は希望の部屋を見つけご契約頂くのが仕事です。

それぞれのお客様にどの程度の時間がかかるか予測できないので、たとえ来店予約を入れていてもお待ち頂く事がよくあるのです。


二つめの「店内が混んでいると雰囲気にのまれ正常な判断がしにくくなるため」ですが、どこの不動産屋でも満席なれば店内は活気づき、さらに待っている方がいれば

あなたは「どんどん物件が無くなってしまうのではないか」という心理にかられます。

これは営業マン側からすると非常に契約して頂きやすい雰囲気が出来ています。

しかしお客様側からすると他の方に取られるかもしれないという雰囲気にのまれ正常な判断をしづらくなってしまいます。

そのため比較的、空いてる午前中がよいのです。


hiatari1

三つめの「日当たりが確認できる時間」ですが、どこの不動産屋でもご来店頂いたお客様には簡単にお話を聞かせてもらいます。

そこで条件に合う物件を探したとして部屋を見に行くまで店内には30分~1時間半位いる事が多いです。

そこから 3件見て回るとして全て近い場所でも40分程度。

1件でも隣駅や多少離れている場合は1時間~1時間半程度かかります。

このように実際、不動産屋で話をして部屋を見にいくとだいぶ時間がかかってしまうので、午前中に不動産屋に行けば部屋の日当たりを確認できる時間が多く取れます。

これが午後だった場合は日が沈みかけの時間に部屋を見る事になってしまうのです。


以上3つの理由から不動産屋が一番空いており日当たりが確認しやすい午前中が私のオススメの不動産屋訪問時間です。

不動産会社へ入店する前にしておくべき事。街を歩いてみる

さあいざ不動産屋へ!とその前に。

不動産屋へいく前に30分程度でいいので駅の周辺や街を少し歩いてみましょう。

まずは自分で歩いて駅の周りや街の雰囲気を感じてみましょう。

その後、自分が歩いて感じた事や気になった事について不動産屋で聞いてみましょう。

時間があれば、このように一度街を歩いてみる事をオススメします。

不動産屋へ入る前までで長くなってしまいましたがこれは部屋探しを簡単にするためです!

みなさんのお部屋探しが少しでも楽にできるよう「部屋の見学で不動産会社へ行く前の準備・部屋探しの流れ②」を実践してみて下さい。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です